stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

レギウスオオツヤクワガタ CBF2 飼育記録まとめ 

f:id:kohya0727tj:20200130151131j:plain

カメルーン産 レギウスオオツヤクワガタ CB

 1.本種周辺情報

オオツヤクワガタ(Mesotopus)といえば、今回記事で紹介するレギウスオオツヤクワガタ(Mesotopus Regius)とタランドゥスオオツヤクワガタ(Mesotopus tarandus)がブリーダーの間ではよく知られています。分類上では1属1種で混同されていたのですが、2019年にベルギー王立自然史博物館のTierry Bouyer氏がアンゴラコンゴ民主共和国ウガンダルワンダ産のMesotopusは新種”Mesotopus imperator”であると発表しています。(Noteと記載されていて論文ではなくunofficial?)フランス語なので断片的にしか分かりませんでしたがどうもそのように読めます。ゲニタリアの比較検討はされておらず、別種とした根拠が大顎形状の差異比較(明示されると、あ、確かに違う!とは思いました)のようでしたが、如何せんフランス語なのでいまいち分かりませんでした...URLを貼っておくのでフランス語読める方はご参照ください。

https://www.entomoafricana.org/ent%20afr%202019%2024%201%20Bouyer%20Mesotopus%20c.pdf

Bouyer氏が定義・分類したタランドゥスオオツヤクワガタ(Mesoptopus tarandus)の産地はギニアシエラレオネ、コードジボワール、ガーナ産のラベルのもの。一方で国内で流通しているのはコンゴ産(若しくはコンゴ共和国と混同している?)がほとんど。Bouyer氏の論文には書かれていないけれど、互いに隣接しているのでMesotopus imperatorの産地としてコンゴも含み入れて良いのであれば、日本に流通しているタランのその多くが新種となるという理解で良い?。

f:id:kohya0727tj:20200129125424j:image

Tierry Bouyer氏「Note sur le genre Mesotopus Hope,1845 et description d'une nouvelle espéce」より作成

種の定義で著しく脱線してしまいました…スミマセン。

今回飼育したレギウスは大きく湾曲する大顎をもつタランとは異なり、まっすぐ伸びる大顎が特徴的ですよね。産地はカメルーン産ラベルをよく見かけます。タランより大型化する傾向があり、2019年度のBE-KUWAギネスでは台湾のブリーダーの方による96.4mmというモンスターサイズが登録されています。(タラン(インペラトール?)のギネスは91.4mm。本種の生活史に関する詳細情報が殆どないものの(白昼に木の根元で樹液を吸うタランの写真を見かけたことがあるくらい…)、カワラ材による産卵・幼虫飼育方法が確立されており、多くのブリーダーの手によって育てられています。

2.種親紹介

種親は東京江戸川にあるクワガタショップ「モンスター」さんのセールで2018年12月に購入したもの。5-6,000円くらいだったと記憶。このショップさんの値下げの潔さには毎回感服しています…

f:id:kohya0727tj:20200203144952j:plain

♂75mm CB 羽化時期は2018年6月。顎がスラっとのびてカッコよろしい。触れるとMesotopus独特の威嚇振動をしますね。ブーンブーンと音がするのは驚きです。この振動は性成熟の目安にもなります。羽化直後は全く振動しません。わかりやすくて良いよな。人間でいえばチ〇毛生えてきたようなもん?声変わりしたようなもんですね。

f:id:kohya0727tj:20200203145558j:plain

♀48mm CB こちらも羽化時期は2018年6月。♀はタランもレギウスも全く区別付きません…f:id:kohya0727tj:20200203145836j:plain

妖しい雰囲気を醸し出すクワガタです。即ブリなので購入してすぐにペアリング。

3.ペアリング-産卵セット-割出-幼虫管理ー羽化

①ペアリング(2018年12月下旬)

f:id:kohya0727tj:20200203151903j:plain

交尾欲の強い種類なので性成熟を迎えていればペアリングは容易です。このときは4時間以上メートガードして一向に挿入しませんでしたが…目視で確認しますが、メス殺しは心配なさそうな感じですね。

f:id:kohya0727tj:20200203152109j:plain

f:id:kohya0727tj:20200203152146j:plain

1週間程クリアスライダー小にて同居していただきます。写真撮影するだけで威嚇振動してきます。ちなみにこの時は冬場でしたので、25度設定の温室で管理しています。セットを組んだので、メスを引き離した後、まるでメスを呼ぶようにずっとブーンブーン振動していた光景が忘れられない…。ぐすん。威嚇のためだけの振動ではなさそう。

②産卵セット(2019年1月初旬)

セットは床材を敷いたゴバエシャッターにカワラ材を転がしたもの。写真を見返していると導入孔を開けていますね。産卵意欲があれば勝手に齧るので最近は何も手を加えていません...皮もそのまんま。f:id:kohya0727tj:20200204094659j:plain

使用材はモンスターさんにて購入したカワラ材。芯が残ったオオクワ向きの硬めの材が多い印象。

f:id:kohya0727tj:20200204094802j:plain

f:id:kohya0727tj:20200204095316j:plain

f:id:kohya0727tj:20200204100030j:plain

すぐに穿孔しました。ここでケース内をウロウロしている個体が居る場合は性未成熟、温度・湿度が高い乃至は低い等、産卵に適さない要因が潜んでいるので対策を練る必要があります。

③割出(2019年2月初旬)

セットからちょうど1か月が経過したため割出。

f:id:kohya0727tj:20200204103028j:plain

f:id:kohya0727tj:20200204101641j:plain

カワラ材をひっくり返して皮を剥ぐと産卵スペースを作っているメスが観察できました。

f:id:kohya0727tj:20200204101927j:plainf:id:kohya0727tj:20200204102007j:plainf:id:kohya0727tj:20200204102134j:plain

Mesotopus属はメスが子守をすると言いますが、まさにそんな感じで、幼虫に寄り添っています。材を削り、フレーク状木部とフレークの間部分に産卵しているようですね。

f:id:kohya0727tj:20200204102324j:plain

殻が見つかりました。青味がかった独特な卵の色です。

f:id:kohya0727tj:20200204102502j:plain

f:id:kohya0727tj:20200204102629j:plain

フレークを全て取り除くとこんな感じ。綺麗に穿孔していますね。芸術作品です。割ってみて分かりましたが、水分少なめです。水分が多すぎるとカビが発生して卵が全滅、ということがありますが、経験上、植菌霊芝材等はそんな事例が多いように感じているので、従って、霊芝を使うときは穿孔してから1週間くらいで採卵しちゃいます。今回はカワラ材なので放置しました。

f:id:kohya0727tj:20200204102724j:plain

フレークの掻き出しは離乳食用スプーンを使います。先端がシリコン状になっているので、卵や幼虫を優しく掬えてと便利なんですよね。

f:id:kohya0727tj:20200204102853j:plain

結局、13頭回収できました。平均的な回収数ではないでしょうか。90cc程度の容器で2-3週間養生させてから800ccボトルへ投入します。

④幼虫管理(2019年3月)

f:id:kohya0727tj:20200204103307j:plain

孵化後間もない個体ばかりでしたので、割りカスをミキサーにかけ、90CC程度のケースをひとまとめにして100均で購入したプラケースに入れ、25℃設定の温室にて養生していました。

f:id:kohya0727tj:20200204104411j:plain

13頭中全頭の生存を確認。

f:id:kohya0727tj:20200204104529j:plain

800CCのカワラ菌糸ボトルへ投入します。月夜野きのこ園さんのカワラ菌糸ブロックの手詰め。タランドゥス・レギウスは比較的菌糸の活動が安定したものを好むものと判断、予め3か月寝かしておきました。2か月程管理したのち、オスは2300cc、メスは1400ccへ次回投入予定です。管理温度は20度。

⑤2回目交換(オスは3回目も含む)

プライベートでバタバタしたため写真を撮り忘れちゃっていましたが、2回、場合によっては3回菌糸交換を実施。だけれども全然大きくなりません。最大でも28g。微粒子で水分が多いため劣化が早く、口に合わなかったようです。菌糸の活動を安定させるために一定時間置いておくのであれば、劣化スピードを緩めるために粒子が荒いタイプを選択しておくべきだったかな。

⑥蛹化-羽化(2019年7月-11月下旬)

f:id:kohya0727tj:20200204105855j:plain

劣化したままで蛹室を作ってしまうと羽化不全が続出、メスは比較的強いのですがオスが結構★になってしまいました。BE-KUWAギネス号が出るまでは管理温度が低すぎを疑っていましたが、ギネスブリーダー曰く15-18度!の低温管理していた旨の記載があり除外。菌糸劣化によるものかなと思っています。

f:id:kohya0727tj:20200204112047j:image

蛹化時の劣化が確認次第、間に合ったオスはきちんと羽化してくれたので、人工蛹室管理にすべきでした…仕事、引っ越しで忙しかったんだ…許せ… 

4.羽化個体紹介

①♂75mmm 2019年12月下旬羽化

2019年3月 800cc  (月夜野きのこ園 カワラ)

2019年5月 2300cc (月夜野きのこ園カワラ+粗粒子オガ)20g

2019年7月 2300cc (月夜野きのこ園カワラ)28g ちっさ..... f:id:kohya0727tj:20200206091114j:image

親と同サイズなんだけど、短歯気味でレギウスの良さが消されちゃってますな…。

f:id:kohya0727tj:20200206095035j:image
f:id:kohya0727tj:20200206095032j:image

 ラグジュアリー成金っぽいなクワガタ。

② ♂69mm 2019年11月初旬羽化

2019年3月 800cc  (月夜野きのこ園 カワラ)

2019年5月 1400cc (月夜野きのこ園カワラ+粗粒子オガ)18g

2019年7月 1400cc (月夜野きのこ園カワラ)

f:id:kohya0727tj:20200206091157j:image

蛍光灯直下ではわかりにくいですが、脚部先端が赤味がかっています。眼も赤い。上翅に皺が入っていますが、翅パカまでには至らず何とか踏みとどまってくれました。太陽光下で撮影したら真っ赤やろうな。あの撮影方法、詐欺っぽい感じがして嫌なんすよ。赤くなるのは嬉しくなる大いなる矛盾…

③♀48mm 2019年9月羽化

2019年3月 800cc  (月夜野きのこ園 カワラ)

2019年5月 1400cc (月夜野きのこ園カワラ+粗粒子オガ)13g

f:id:kohya0727tj:20200206091311j:image

 ④♀45mm 2019年9月羽化

2019年3月 800cc  (月夜野きのこ園 カワラ)

2019年5月 1400cc (グローバル WISH-K)4g 体重の軽さから★になるかな?と思いましたが、ちゃんと羽化してくれたようです。

f:id:kohya0727tj:20200206104607j:image

⑤♀49mm 2019年9月羽化

2019年3月 800cc  (月夜野きのこ園 カワラ)

2019年5月 1400cc (グローバル WISH-K)16g

f:id:kohya0727tj:20200206091352j:image

⑥♀52mm 2019年9月羽化

2019年3月 800cc  (月夜野きのこ園 カワラ)

2019年5月 1400cc (グローバル WISH-K)16g 前胸背板は凹んでいますが当代一のビッグママ。

f:id:kohya0727tj:20200206091442j:image

以上です。ショボショボ個体のオンパレードでお目汚し失礼致しました…

5.まとめ

f:id:kohya0727tj:20200206095044j:image

Mesotous属はもうしばらくええかなと。ここまで長ったらしく書いといて結論それかよ、と思われるかもしれませんが…ブルブル振動するしとっても可愛いやつなんですが、冒頭に書いたように産地詳細が良く分からない、生物学的にきちんと分類されていない(自分で理解できない)等、ルーツが不明確な種はブリードするモチベーションを持続するのが辛いっす。じゃあ、おめーがブリードしているババイはどうなるんじゃ!という問いに対して自問すると、ある程度産地も推定出来るし、分類も自分の中では整理がついているので…ごちゃごちゃ言いましたが、ブリードなんて自己満足の世界でしかないのですけれども。

すみません、またも脱線してしまいました…1サイクル回した感想ですが、以下4点を実践出来ればサイズの保証は全く出来ませんが、累代は可能と思いましたのでメモをば。

A.羽化後半年以上したペアを使用すること(性成熟の目安はオス振動音)

B.ペアリング/産卵セットは25℃温度下で行う

C.カワラ材は硬くても大丈夫(他材、他産卵方法は知りません)

D.菌糸の劣化には要注意。幼虫期であれば直ぐに交換、蛹期であれば人工蛹室へ投入 

5.参考資料・資材

BE-KUWA(ビー・クワ)No.14 2005年 4月号 [雑誌] (BE-KUWA)

BE-KUWA(ビー・クワ)No.14 2005年 4月号 [雑誌] (BE-KUWA)

  • 作者: 
  • 発売日: 2005
  • メディア:
 
ミタニ 昆虫爬虫類用床材 ハスクチップ10リットル KM-20
 
硬質クリアボトル 800ml(空ボトル)×1本

硬質クリアボトル 800ml(空ボトル)×1本

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品