stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

地元産コクワガタをブリードし50mmオーバーを目指す

若干大袈裟なタイトルですが、ブリードには明確な目標設定が必要ですからね。累代浅めは正直ツラいんでねーの?と小声で言ってみる...

お盆期間中に弾丸で我が実家がある愛知県に帰省、大型ヒラタ実績ポイントでコナラの樹洞から掻き出したのがコレ。

f:id:kohya0727tj:20190819082925j:image

はい。コクワのメスでございます。

でもね、30mmあるんですよ。野外記録は33mmなんで、ソコソコデカいです。ヒラタのメスかと思ったもん。

同じ樹洞内には大きいコクワのような顎が見えたので恐らくペアで同居、交配済みのはず。大型化する形質を持った次世代が生まれると踏んで斯様なタイトルになったわけであります。

とりあえず産卵セット組みますかね。コクワさんは典型的な材産み種。セットはコバエシャッター中ケースに昆虫飼料研究社の特選マットを握って水が出ない程度に加水したものを5センチほど詰めます。幼虫用なのに勿体ねぇ!!

f:id:kohya0727tj:20190903000451j:image

30分程加水し、水気を十分に切ったホダ木を二本セット。皮はそのまんま。こんな感じで隙間を少し開けてメスの足場を作ってあげます。

f:id:kohya0727tj:20190903000513j:image

同マットを材にかけて終了。コクワって意外にもレスポンスが良い方ではないので、気長に待つことにします。10月くらいに割り出しするかな。

f:id:kohya0727tj:20190903002016j:image

今のブリ部屋は寒いので、床下でガッツリ産んでもらいましょう。

頼むでぇ、メスちゃん。

f:id:kohya0727tj:20190826193528j:image