stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

パプアキンイロクワガタ (イリアンジャヤ産CBF3) 全頭羽化 → ペアリング

パプアキンイロクワガタ(Lamprima adolphinae). イリアンジャヤ産CBF3. 

10頭中4頭のみ羽化。差分の多くは菌糸に巻かれて★になったものです。試験的に菌糸使いましたが失敗でしたりやはりパプキンはマットが無難ですねー。マットでも菌糸でもサイズ変わらないですし。

 

さて、以下羽化個体紹介。

① ♂4月上旬羽化個体。識別No.LA0CBF3M001.

f:id:kohya0727tj:20190717190801j:image
f:id:kohya0727tj:20190717190810j:image
f:id:kohya0727tj:20190717190806j:image

背面はノーマルカラーですが、腹部はグリーンが強め。

 

② ♂3月上旬羽化個体。識別No.LA0CBF3M002.

f:id:kohya0727tj:20190717191313j:image
f:id:kohya0727tj:20190717191318j:image

f:id:kohya0727tj:20190717191413j:image

ノーマルカラーにパープルが混ざったマジョーラカラー。腹部は青っぽいですね。

 

③ ♀5月中旬羽化個体。識別No.LA0CBF3F003.

f:id:kohya0727tj:20190717200231j:image
f:id:kohya0727tj:20190717200228j:image

ブルー主体のマジョーラカラー。次世代に期待が持てる色。

④ ♀6月中旬羽化個体。識別No.LA0CBF3F004.

f:id:kohya0727tj:20190717200739j:image
f:id:kohya0727tj:20190717200742j:image

こちらも特殊カラー。最後に羽化した個体。8月中旬くらいに①もしくは②個体とペアリングさせるまで寝かしておきます。

 

①、②と③個体は既に後食を初めており、①個体は同産地の別ライン♀とペアリングさせCB、②と③個体でCBF4世代の累代を始めています。以下は②及び③個体のエロ画像でやんす。

f:id:kohya0727tj:20190717201327j:image

パプキンは大顎による♀殺しもないので交尾は容易ですが、♂が性欲旺盛のため、♀を追いかけ回すことで弱ってしまうことがあるので、交尾が確認でき次第、早めに別居させています。1週間ほど♀を単独飼育してから産卵セットへ投入します。

 

過去記事は以下。

www.stag-beetle-japan.com

www.stag-beetle-japan.com