stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

ディディエールシカクワガタ ブリード開始

ディディエールシカクワガタ(Rhaetulus didieri). ブリ開始しました。

f:id:kohya0727tj:20190621123911j:image

本種の生息地域 とマレー半島の主要都市の位置関係を以下、かなり大雑把ですがまとめてみました。

f:id:kohya0727tj:20190517162201j:image

流通エリアのラベルでよく見かけるのはキャメロンハイランド産ですが、ゲンティンハイランド産もちらほら見ますね。マレーシア中央部を南北に縦断するティティワンサ山脈(地図の点線部分)に上記エリアが包含されているので、同山脈一帯に広く生息しているのでしょう。キャメロンハイランドは標高が1500mを超え、年間平均気温が20度程度なので、 まず低温種と捉えてブリ開始します。

 

マレーシアは日本人富裕層の引退後の移住先の一つとして人気です。東南アジアの中では治安も良い方ですし、外国人でも土地の購入が可能で、移住ビザも一定の所得水準を満たしていれば比較的容易に取得できることなどが移住を促進させているんでしょうな。いいなー自分も引退したらキャメロンハイランドの山奥にクワガタ採集専用別荘欲しいわ。

 

野外最大サイズは87.0mm、Rhaetulus属最大種っす。今回個体の累代はF2。

f:id:kohya0727tj:20190621123931j:image
f:id:kohya0727tj:20190621123623j:image

f:id:kohya0727tj:20190621124736j:image

f:id:kohya0727tj:20190621124802j:image
f:id:kohya0727tj:20190621124806j:image

顎が大きく湾曲し、見る角度によって内歯の形状の変化が楽しめて良いですねぇ。

f:id:kohya0727tj:20190621124015j:image

大型化するほど内歯が大きく鋭利になります。

f:id:kohya0727tj:20190621124032j:image

前胸背板縁部にはRhaetulus属独特の鋸状の突起があります。

f:id:kohya0727tj:20190621124150j:image

黒に朱色が生える美しい上翅。

f:id:kohya0727tj:20190621124123j:image

脚部はあざやかな橙色です。ビューチホー。

♂サイズは68mmほど。2019年4月末羽化。

f:id:kohya0727tj:20190621124241j:image

♀は真っ黒。脚の色味や前胸背板縁部のギザギザが特徴的です。サイズは51mmと特大サイズ。2019年1月末羽化。

若干の羽化ズレが懸念点…アマシカで最近痛い思いしているしなぁ。

ゼリーを雌雄ともにガンガン食べだして、飛翔行動が観察出来たらペアリングしてみるか。