stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

カウピホソアカクワガタ 産卵セット投入

カウピホソアカクワガタ. (Cyclommatus kaupi). アルファック山CBF1.

羽化後3か月弱経過し、ゼリーもよく食べるようになったのでペアリング。

500ccのプリンカップに投入したのですが…嬲り殺されたように惨殺された無残な姿が。

f:id:kohya0727tj:20190525223522j:image

可哀想なことをしちまったなぁ。

スペアの♀がいたので、再トライ。撮影はできませんでしたが、2日間の同居で交尾及びメートガードの確認が出来ました。空砲でないことを祈ります。

f:id:kohya0727tj:20190525223737j:image
f:id:kohya0727tj:20190525223740j:image

f:id:kohya0727tj:20190525223546j:image

早速産卵セットへ投入。

使用マットは、今回は爆産くん特Aマットではなく、フォーテックさんの産卵1番。

本商品には5リットルに対して300ccの加水との説明がありますが、ホソアカ系に限ってはもう少し加水したほうが良いと思います。

容器側面は堅く、中心は無加圧を意識して組みます。割出しは幼虫が目視出来るようになる2-3か月後を予定します。

 

参考記事/参考商品はこちら

www.stag-beetle-japan.com