stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

パラワンパリーオオクワガタ  ペアリング~産卵セット投入

パラワンパリーオオクワガタ(Dorcus ritsemae curvusフィリピン共和国パラワン州ガントン山産 WD. ペアリング。

f:id:kohya0727tj:20190307040004j:image

購入してから1か月間、KBファームさんのゼリーをたらふく食べさせ、養生していました。いよいよペアリングさせます。ホットな夜を過ごしてもらいましょう。

f:id:kohya0727tj:20190307040022j:image

生殖器の挿入を確認!V字体位による交尾は正にオオクワという感じ...って引っ張りあってますがな。これ絶対痛いよな...しかしオオクワ系のペアリングは楽です。成熟していれば即座に、そして穏やかに交尾してくれるので。安心して鑑賞できます。

 

産卵セットは、月夜野きのこ園さんの「きのこマット」を5センチほど敷きつめて、その上に、半分皮付きホダ木、自作カワラ材を投入、材の間をマットで埋めたもの。基本的には材産み種なので、材を全部マットに埋めてしまう必要はないと思いますが、マット余っていたので9割くらい埋めちゃいました。割出しは4月末に行います。

f:id:kohya0727tj:20190307092632j:image

f:id:kohya0727tj:20190307092637j:image

 

きのこマットはまとめ買いすると送料無料になるのでリーズナブルですが、すぐに使わない場合は、変質防止を目的として日干しにして乾燥させて保管しています。必要に応じて加水して使えばOKです。乾燥させるとフスマの匂いが強くなる...。劣化には要注意です。温度管理出来る環境で飼育出来るのであればおススメですが、そうでない場合は低添加マットをチョイスする方が無難だと思います。

 

過去記事は以下。 

www.stag-beetle-japan.com