stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

カワラ材の自作

毎年、晩秋から春先にかけてカワラ材を自作しています。

一番の理由は市販品に比べてコスパ良いこと。カワラブロック1個からホダ木 小‐中サイズであれば、9本程度は確保できます。

また、夏場はアオカビに浸食されやすいことや産卵セットの最盛期が5月から6月なので、培養期間を折り込んで逆算すると遅くても3月くらいまでには準備完了したいという思惑もあります。

 

用意する材料は以下。

f:id:kohya0727tj:20190202223953j:image

-ホダ木

-カワラブロック

-タイベスト紙

-ビニルテープ

-新聞紙

-ジップロック

 

1.2-3時間ほどホダ木を加水。今回は小-中型種の産卵木をメインに考えているので、使用するホダ木も直径5-6センチの細いコナラ材を使用します。

f:id:kohya0727tj:20190202224113j:image 

2.ホダ木から余分な水が出なくなるまで水切りします。

f:id:kohya0727tj:20190202224008j:image

3.カワラブロックを崩します。乾燥気味の場合もあるので、その際は必要に応じて加水します。今回は500mlほど。

f:id:kohya0727tj:20190202224152j:image

今回使用したのは大夢。たまたま自宅に在庫があったので使っているだけですが、もっと安価なものでも問題ないです。 

4.新聞紙に崩した菌糸を広げ、その上にホダ木を置きます。ホダ木は皮を剥がずにそのままにしていますが、お好みだと思います。そして、ホダ木の上に菌糸をまんべんなくかけます。

f:id:kohya0727tj:20190202224256j:image
f:id:kohya0727tj:20190202224300j:image
f:id:kohya0727tj:20190202224252j:image

5.新聞紙で包み、巻き上げてテープでとめます。新聞紙が破れやすいので注意!

f:id:kohya0727tj:20190202224318j:image

6.ジップロックに通気・吸気用の穴を二箇所あけ、タイベスト紙を張り付けます。

イケアの容量6リットルのジップロックがおすすめ。

f:id:kohya0727tj:20190202224407j:image

7.5を6に入れ、1-2か月放置すれば出来上がりです。

f:id:kohya0727tj:20190202224428j:image