stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

タイ産 クルビデンスオオクワガタ ブリード開始

タイ産 クルビデンスオオクワガタ (Dorcus curvidens curvidens).

f:id:kohya0727tj:20190130005816j:image

チェンマイ県ファーン郡産WD.

オスはフセツ欠けしており体表もボロボロ、手に持った感じが軽いのでペアリングが少し不安ですが、食欲は旺盛です。

f:id:kohya0727tj:20190130005600j:image

体長56mm. 識別番号DCCWDM001とします。

 

f:id:kohya0727tj:20190130005623j:image

一方で、メスは本当にWD?というほどピカピカ。重量感もありこちらは期待大ですね。体長36mm. 識別番号DCCWDF002.

 

タイ王国 チェンマイ県ファーン郡はミャンマーとの国境に隣接しています。総面積 524 km2 のDoi Pha Hom Pok 国立公園があり、タイで2番目に高いDoi Pha Hom Pok山(2,285M)を擁します。今回購入したクルビペアもこの山麓近辺が産出地だと思われます。

タイ北部の平均気温は24-5度と本州より低く、暑さに弱そうですが、結構暑さには強いです。バンコクに住んでいたときに同産地の本種を飼育していたことがありましたが、常温飼育でもピンピンしていました。

 

昨年の10月入荷個体ですので、オスはちょっと心配ですが、メスはきっと持ち腹でしょう。

 

1週間ほど養生させてから念のため追い掛けして、産卵セットを組みたいと思っています。

f:id:kohya0727tj:20190130005707j:image

f:id:kohya0727tj:20190130005715j:image

今回のように辛うじて中歯型の貧弱なWD個体から、こんな写真のような大歯型を作出するのが個人的に大好きです。(BEKUWA48号より抜粋)

頑張ります!