stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

ババオウゴンオニクワガタ 孵化

ババオウゴンオニクワガタ(Allotopus mollenkampi babai).

f:id:kohya0727tj:20190121183924j:image

 

産卵セットを組んでから20日ほどで7頭の孵化を確認しました。

条件は簡易温室25度の一定に。温度変化が激しいと本種に関わらず孵化までの期間にバラツキが出たりするので、温度管理は特に気を使っています。常温管理していた時分は、ブリードスペースの寒暖差が10度以上あったときは上述した問題に直面し、羽化ズレを起こすことがありました。この時期の採卵→孵化は加温等、温度管理が必須だと考えています。

 

孵化個体はカワラ菌糸ボトル500ccもしくは800ccへ投入予定。大夢、月夜野きのこ園のブロックを手詰めしてから1か月以上経過したものを使用します。(菌糸に巻かれるのを軽減させるため)

 

過去・参考記事は以下。 

www.stag-beetle-japan.com