stag_beetle_japan

クワガタ飼育・採集を中心に自身の趣味・日常を綴ります 

ブリード開始)タイワンミヤマクワガタ

 

タイワンミヤマクワガタ。(Lucanus formosanus

WD♀を格安で購入。中華民国新北市烏来区福山産。

https://www.instagram.com/p/BqfZJhmFTQF/

Lucanus formosanus. Wulay, New Taipei City Taiwan, Wild. I prepared breeding set using farmented black mat, pressed so tight. I'll check it 1 month later. タイワンミヤマクワガタ。台湾新北市烏来区福山産 WD。黒土を堅詰した産卵セット組みました。割り出しは一ヶ月後を予定しています。#lucanusformosanus #insects #stagbeetle #lucanidae #coleoptera #insectofinstagram #insect_perfection #insect_addict #insect_addicts #insect_of_our_world #insectphoto #insectphotography #insectlovers #台灣深山鍬形蟲 #鍬形蟲 #蟲

 比較的大型になる北部産なので、まずは70mmを目指したいところです。

現地の平均気温からすると、新北市は台湾北部に位置するため亜熱帯性気候でしょう。

一方で、福山地区は山間部のようなので、標高補正すると国産ミヤマの生息条件と殆ど同じと考えて良いはずです。冬場は15℃を下回らないように意識し、20℃程度で成虫・幼虫ともに定温管理すれば良いと思っています。

 

7月初旬通関品で発生時期から既に5か月経過(本記事作成2018年11月末)しており、国産ミヤマの寿命を踏まえると死期は近いと予想、産卵セットを急いで組みました。

 

産卵セットは典型的なミヤマ産卵セットで至ってシンプル。

プラ中ケースに、月夜野きのこ園さんの黒土マット10Lを使用。マットはケースの8割固詰、残り2割は未圧縮とし、転倒防止用に表層にハスクチップを撒いています。

加水は特にしていません。

f:id:kohya0727tj:20181126175336j:image

f:id:kohya0727tj:20181126175318j:image

 

♀の産卵スイッチを入れるため、25度設定した温室に入れて1か月様子を見ます。